東大・海外大学(HYP)合格・「日本語も英語も」のためにやったこと

インターナショナルスクールを選んだ理由を教えて下さい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の息子をプリスクールに通わせることになった母。息子がセミリンガルにならないよう、「日本語も英語も」育てるために意識してやっていたこと、当時は意識してやっていなかったけれど、今になって“やって良かった”と実感していることを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

もともと、これからの時代を考えて「バイリンガル」に育てたかったので、「何か方法がないかなぁ」と考えていました。今は色々なツールがあるので一概には言えませんが、振り返ると、私が小さい頃も、英会話教室や家庭でできる英語教材を使っている人が周りにいましたが、全くバイリンガルには育っていませんでした。当時、私の身の回りのバイリンガルの人は、帰国子女か、中学・高校からボーディングスクールに入ったという人だけでした。親がネイティブレベルなら家で親が教える方法もあるかもしれませんが、夫も私も英語が苦手で海外赴任の機会もないだろうから、息子は帰国子女にはなれそうにないし、ボーディングスクールに入れるのも何か違うなと思っていました。

そんな時、夫の同僚がお子さんをインターに通わせていると知って「純ジャパでもインターに通えるんだ~」と知ると同時に「これだ」と思いました。

インターに通えば子供のうちに英語を第二言語として習得してバイリンガルになり、子供の頃から様々な英語の情報に触れ、彼らの価値観・文化も理解し、共感できるようになると同時に国内インターなら、帰国子女の方と違って通うタイミングも期間も自分達で決められるので子どもに合わせることができます。「これしかない」と思ってインターを選択しました。

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の息子をプリスクールに通わせることになった母。息子がセミリンガルにならないよう、「日本語も英語も」育てるために意識してやっていたこと、当時は意識してやっていなかったけれど、今になって“やって良かった”と実感していることを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© バイリンガル子育ていろいろ , 2023 All Rights Reserved.