東大・海外大学(HYP)合格・「日本語も英語も」のためにやったこと

インターに通わず早期英語をするなら・・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の息子をプリスクールに通わせることになった母。息子がセミリンガルにならないよう、「日本語も英語も」育てるために意識してやっていたこと、当時は意識してやっていなかったけれど、今になって“やって良かった”と実感していることを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

我が家は、息子を2歳からインターナショナル・スクールに通わせ、結果、息子は均衡バイリンガルになりました。国内でバイリンガルに育てるなら、インターナショナル・スクールに通うことが最も近道だと思いますが、今は、インターナショナル・スクールに入るのも大変なので、インターナショナル・スクールに通わない前提、そして我が家と同じように両親は英語ネイティブでもなく、海外留学や居住経験もない前提でどうやってバイリンガルに育てるかを考えてみたいと思います。

そもそも、私が早期英語教育で目指したものは、

「私たちが中学生の時に外国語として学んだ英語を先取り学習するのではなく、第2言語として習得すること」です。

第1言語(母語)と同じプロセス(ネイティブが英語を習得するプロセス)で習得することで、日本語を介さない第2言語として習得できるので、英語で自走できるという状態になれます。

(※自走=英語を「聞く、読む」ことで英語の力を伸ばすことができる)

更に、母語(第1言語)は母語で、モノリンガルと同じレベルを維持し続けることで、均衡バイリンガルを目指したのです。

そのために、インターに通わずに早期英語をやるなら、

【幼児期】

2歳になってある程度、日本語を発するようになってから、まずは英語の聞き流し、ビデオ、絵本の読み聞かせ(音声付きの本なども)を始めます。とにかく子供の頭の中のダムから水が溢れるまで=話し始めるまで、インプットを継続します。(話し始めても、インプットはずっと続けます)この間、子供はずっと映像や挿絵と対応する音の蓄積をしています。

なぜ、生まれた直後から日本語と並行してやらずに、ある程度日本語を発するようになってからやるかは、後日ブログに書きたいと思います。実際、我が家では2歳まで全く英語を聞かせず、その後インターに通わせました。それで全く遅くなかったので、同じように2歳になってから英語のインプットの時間「英語の時間」を決めて実行します。

我が家は両親ともに英語が苦手なので、読み聞かせの英語はコテコテのジャパニーズイングリッシュでした。息子はそれをインプットしていましたが、インターでネイティブの発音を聞いているので問題ありませんでした。今は、インターでなくてもネットや教材でネイティブの発音をたっぷり聞けるので発音は気にしないで良いと思います。それよりも読み聞かせを重視します。聞き流し、ビデオ、音声付き本は一方方向で、絵本の読み聞かせは双方向だからです。一方方向と双方向では脳の働きが違うというデータもあるようです。

そして、少しでも話し始めたら、一緒に歌、踊り、遊び、何でもいいのでしゃべらせる。インプットは継続しながら、アウトプットを引き出し続けることを意識します。

(具体的には)

〇英語の歌(Super Simple Songs やMother goose clubなど)やアニメや動画(Maisy Mouse、Peppa Pigなど)を一緒に見る

〇子どもが楽しむ音楽(ダンス 手遊び歌)や興味を持つ短いアニメ、そして絵本の読み聞かせを中心に1日うちの時間を決めて(最初は30分位からでしょうか)一緒に楽しみます。そしてこれは息子が実際使っていたのですが、LeapFrog (英語圏の子供達が英語を学ぶための教材)等をゼロから始めていくのも良いですね。

【幼稚園】

基本は幼児期と同じですが、年中(4歳)からは、文字と絵を見ながら少しずつ、言葉の音と文字を視覚的に紐づけしていきます。読み聞かせでも、段々と絵だけでなく、文字も見るようになっていきます。

年長(5歳)から、文字を覚えて書く。Phonixを使って言葉と文字を紐づけします。少しずつ文章を書かせ始めます。ここからは、スペルが間違っても文法が間違っても良いので、話している通りにどんどん書かせます。そして、毎日、(絵)日記を日本語・英語で交互に書く(これはずっと続けます)。また、少しずつひとりで本が読めるようになっていきますが、解らなくても読み進めることもあるので、単語の意味や内容が解っているかをきちんと確認します。ただ、kindergartenの頃になると、読む本は、英語が苦手な私達両親は辞書なしに読むことができません。内容を日本語で聞いて理解できているかを確認するしかありません(これがバイリンガルのために有効)

【小学生以降】

年齢に応じた本を読む。とにかく読書量が大事だと思います。

ネイティブ向けオンライン学習を始める。(Language Artsは必須、MathやScienceも)

別途、小学校1年生からVocabulary・Spellingの副教材も始めます。新しい単語を使った文章作成などを始めます:インプット(聞く・読む)したことを、アウトプット(話す・書く)させるためです。

〇2年生になったら、文章のspellingミスや文法の間違いを見つけて訂正することを始めます。この時期までは、積極的に訂正せず、書くことを優先させます。ここからは、どんどん文章を書かせてspellingミスや文法の間違いを訂正していきます。段落をつけた文章を書く。正にLanguage Artsです。ここから、毎日の日記もspellingミスや文法の間違いの訂正をしていきます。(※ネイティブのサポート)

〇3年生~は、レベルアップして、どんどんVocabulary を増やしていきます。

【応用】日本語(英語)のインプットは英語(日本語)でアウトプットさせたい。小学校での出来事や授業内容を英語で説明させて、日本語では解っているけど英語では知らない言葉はその都度英語を調べて覚えていく。(※ネイティブのサポート)

(具体的には)

年齢に合わせた本の読書 https://www.goodreads.com/shelf/show/1st-grade

ネイティブ用のオンライン学習の利用:毎日時間を決めてやる

ネイティブの副教材(息子はSpectrumシリーズを使っていました)

(※)ネイティブのサポート:インターなしで両親が英語苦手なら、どうしてもネイティブやバイリンガルのサポートが必要です。それは日本の英語教育を受けた人じゃないほうが良いと思います。多少のコストはかかりますが、オンラインでも対応可能です。できれば、子供の理解の状態や関心をわかってもらえるように、毎回同じ人の方が望ましいと思っています。副教材や日記の添削、小学校でやったことを英語で報告させて会話するなどやって貰えると良いですね。(最低でも1回/週)

〇年齢相当の日本語の本を読んでいるのに、英語では幼稚園児が読むレベルの本を読んでも面白くないので、英語をイヤにさせないためにも、英語と日本語の読書レベルの差が広がらないように意識して進めるのが良いと思います。読書が英語力を伸ばすので最も重要です。

オンライン学習や学習教材は決して先取りはせず、年齢に合わせて進めていきます。

〇日本人はWritingで文法やスペルミスに拘りすぎます。低学年のうちは文法やスペルミスに拘り過ぎないようにして、自分の意見や考えを文字にすることを大切にするようにします。

英語を継続できれば、英語の向上に伴って解決できることなので、正しいスペルや文法に囚われ過ぎずに進めていくと良いと思います。

そして、ネイティブには「What did you do today?」と質問してもらって、お子さんがその日の授業について、英語でやりとりすることを勧めます。これは、日本語で学習したことを相手に英語で説明することで、英語でも同じレベルで理解できるようになる。つまり日本語で取得した学習言語を英語に転用できるようになること狙ったものです。日本語の成長に合わせて、日本語と近いレベルを維持するように意識して英語能力を伸ばし、日本語(英語)で学習したことを英語(日本語)に転用することで並行して高めていく方法だと考えています。

【英語を継続して喪失させないために】

英語は、英語環境から離れるとあっという間に喪失するので、兎に角、継続することが大事です。息子は、中学受験でちょっと離れただけで英語がスムーズに出て来なくなりました。 11歳半までインターに通って英語で思考していたのに、英検1級合格から8ヶ月でこんなに衰えるとは思っていませんでした。日本語・英語で格差が出ないようにして、せっかく「英語がイヤ」いう時期を乗り越えた「おうち英語」でも、中学受験準備という時期になんとしてでも続けていかないと喪失してしまうのです。帰国子女でも、レベルに合った英語学習を毎日1時間以上継続して維持していると後で知りました。

維持するにはだからこそ、先を急がず、基礎を広く・深く固めて、年齢・能力に応じた語彙、読解力を身に付け、日本語で読んで楽しめるレベルの本を、英語で読んで楽しみ、オンライン学習で更に学んで継続する=「自走」できる、そういう環境を作ること。中学受験期間中でも、出来る限り、毎日少しでも英語に触れること、受験が終わったら、読書・オンライン学習・副教材・ネイティブとの定期的コミュニケーションに戻して、回復させ、更に伸ばしていくのが大切だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の息子をプリスクールに通わせることになった母。息子がセミリンガルにならないよう、「日本語も英語も」育てるために意識してやっていたこと、当時は意識してやっていなかったけれど、今になって“やって良かった”と実感していることを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© バイリンガル子育ていろいろ , 2022 All Rights Reserved.